☆冷えとり第一人者!進藤義晴先生のおすすめ必読本を5冊厳選して紹介☆

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

今日は冷え取りの第一人者である
医師の進藤義晴先生のおすすめ必読書を
独自のランキング形式で
ご紹介したいと思います♪

・冷えとりを始めようと思っている人
・冷えとりをさらに深く知りたい人

必見です(^-^)

進藤義晴先生のご紹介

進藤義晴先生はもともと耳鼻科の医師
でいらっしゃいました。

西洋医学に基づいた治療を行っていたけれど
患者さんが一向に良くならない…

そこで東洋医学の勉強を始められました。

その後、東洋医学をベースにした医院を
自ら開業されて灸や鍼治療を取り入れて
いかれたそうです。

その後さらに

「足を温めるとカラダに良い」

ということを発見され

足や下半身をあたためる「冷えとり」を
ご自分で実践されていかれたそうです。

まだ「冷えとり」や「冷えとり靴下」が
全然知られていなかった頃から
実践されてきた第一人者として

私のように「冷えとり」を実践する人
にとっては大変大変有名な先生で
いらっしゃいます。

その進藤先生が書かれた著書を
厳選してご紹介します。

さあいってみましょう!!

リコおすすめ①【新版 万病を治す冷えとり健康法】

新版 万病を治す冷えとり健康法
 進藤 義晴 ¥1,404-

「冷えとり」をされる方にはバイブル本
となるような必読書です!!

「冷え」のメカニズムについても
深く理解できますし具体的な冷えとり
についても触れられています。

東洋医学を基に書かれている名著なので

冷えとりの基本を知りたい人

におすすめです(^-^)

1988年初刊のロングセラー本です。

以下目次のご紹介です。

【目次】
〔I〕ひとはなぜ病気になるのか–冷えは万病のもと
第1章病のかげに気づかぬ冷えあり
第2章内臓の病気は全身をめぐる–五臓六腑と症状の関係
第3章不健康な時代の心と体

〔II〕今日からできる冷えとり健康法
第4章冷えをとる入浴、悪化させる入浴–正しい冷えとり入浴法
第5章衣–下手な医療より「頭寒足熱」
第6章食–正しく食べれば「腹八分目」は苦にならない
第7章住–冷えない家が住みやすい家
第8章生活–動・息・想が乱れている

リコおすすめ②【医者知らず「冷えとり」で完全健康人生】

医者知らず「冷えとり」で完全健康人生
 進藤 義晴 ¥1,512-

「冷えとり」の四原則である

・半身浴
・くつ下の重ねばき
・腹七分目
・正しい生き方

について具体例とともにわかりやすく
書かれています。

冷えとり始めたいけど具体的にどうしたらいいの?という人
 
におすすめの1冊です(^-^)

リコおすすめ③【幸せになる医術 女性のためのもっとちゃんと「冷えとり」生活】

幸せになる医術 女性のためのもっとちゃんと「冷えとり」生活
 進藤 義晴 ¥1,028-

こちらは進藤義晴先生の
娘さん進藤幸恵さんとの共著です。

女性特有の病、妊娠・出産、子育てなど
あらゆるシーンで役立つ冷えとり法について
書かれています。

私が通う「よもぎ蒸し」で置かれていて
手に取ったのですが、表紙も中も可愛くて
読んでて優しい気持ちになれる本です(^-^)

「冷え」のみならず婦人科系の病気、不妊、出産など女性特有の症状も改善されたい人

におすすめの1冊です(^-^)

冷えとりをすでに始めている人も
これから始める人も役立つ情報が満載ですよ。

リコおすすめ④【これが本当の「冷えとり」の手引書】

これが本当の「冷えとり」の手引書
 進藤 義晴 ¥1,028-

こちらは『新版 万病を治す冷えとり健康法』
をさらに詳しく具体的にした本です。

図解もあるし基本の説明もしっかり。

・冷えとりの基本
・具体的な冷えとり方法
・継続も仕方

の3部構成になっています。
毒や瞑眩(めんげん)についても
述べられています。

冷えとり初心者の入門書

としておすすめの1冊です(^-^)

リコおすすめ⑤【きょうからはじめる 冷えとりレッスン 入門ノ書 】

きょうからはじめる 冷えとりレッスン 入門ノ書
 進藤幸恵 ¥1,296-

こちらは進藤義晴先生の
娘さん進藤幸恵さんの著書です。

イラストがたくさんでとても見やすいです。
コラム、冷えとりカレンダー、
めんげん表、Q&A、体験談など
内容盛りだくさんです。

「冷えとり」されている人の症例があるので
とても参考になります。

冷えとり初心者
冷えとりベテラン
冷え取り靴下について詳しく知りたい人

におすすめの1冊です(^-^)

まとめ

いかがでしたか。

「冷えとり」と「冷えとり靴下」の
第一人者と言われている進藤先生の著書は

「冷えとり」についての基本中の基本を
知ることができる著書が多く
学ぶことが多いので、とてもおすすめです♪

よろしければ
是非一度お手に取ってみてくださいね☆

スポンサードリンク