【小食7日断食】おすすめ温活ダイエット!!玄米健康食の中身&作り方を画像で紹介♪

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

“温活ダイエットシリーズ”として
【小食7日断食】を試してみました(*^^*)

「玄米」や「葛湯」などで強烈に体を温めながら
たったの7日間であっという間に痩せる
「おすすめ温活ダイエット法」です♪

【小食7日断食】の

・7日間小食プログラムの中身詳細
・各食事の作り方
・実際食べてみた味

などを画像付きでご紹介します(*^^*)


少食七日断食(熱湯玄米食40g×7食・葛食30g×7食・飲む小麦胚芽150g) ダイエット

 

【関連記事】
Day1【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
Day2【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
Day3【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
Day4【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
Day5【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
Day6【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
Day7最終日【小食7日断食】ファスティング温活ダイエット口コミ体験談♪
小食断食(ファスティング)1週間で2.1kgの減量に成功♪葛と玄米のお陰

温活ダイエットとは

まず温活ダイエットとは

・過激でない
・カラダを冷やさない
・むしろカラダが温まる
・脂肪燃焼で代謝があがる
・内臓を休める
・免疫力アップ
・基礎体温があがる

などの特徴があります。

代表的なものだと

「ウォ―キング」
「ホットヨガ」
「プチ断食」
「半身浴」

など。

カラダに嬉しく優しいことをしながら
健康的に痩せちゃえるという方法です。

過激なダイエットで急激に痩せると
筋肉だけ落ちて体調を崩したり
あっという間にリバウンドしたり。
(これが実は1番怖い)

かえって痩せにくいカラダになってしまいます。

その点、温活ダイエットは緩やかながらも
カラダに優しくアプローチするので
免疫力や代謝アップにつながったりします♪

「プチ断食」や今回ご紹介する「小食断食」は

内臓を休ませることにより
内臓機能や代謝が劇的に改善し
カラダの中から元気を取り戻すことができる
大変健康的な減量法(温活ダイエット)です(*^^*)

【小食7日断食】の中身を大公開

今回ご紹介するのは【小食7日断食】

カラダを強烈に温める玄米や葛湯をいただきながら
無理なくダイエットできる方法です♪

まずは【小食7日断食】のレシピや
3食の例を画像と一緒にご紹介します!!

まず中身はこんな感じ。

届きました!!

中に入っているものすべて

製造者は奈良の(株)自然健康社さんです。

朝食 おかゆ玄米40g×7食分(原料:玄米100%)
昼食 葛食40g×7食分(原料:葛粉、乳糖、あられ)
夕食後 飲む小麦麦芽150g/1回あたり約20g
(原材料名:小麦麦芽、黒糖、植物油脂)
就寝前 どくだし一番茶7袋(原材料名/決明子、蒲公英根、菊苦奈根、センナ茎(食用部位)、菊芋根)

1週間分で3564円(税、送料込)なので
1日あたり約500円と大変お手頃です。
Amazonで購入できます。


少食七日断食(熱湯玄米食40g×7食・葛食30g×7食・飲む小麦胚芽150g) ダイエット

【小食7日断食】1日の全食事&作り方&味を画像で紹介♪

1日に摂取していく食事をご紹介します。
7日間まったく同じ内容の食事を摂取します。

【小食断食中の1日の全食事】

1日にいただくもの一覧。

【小食断食中の1日の食事】
朝食:「おかゆ玄米」だけ
昼食:「葛食」だけ
夕食:普通食
夕食後:「飲む小麦麦芽」
就寝前:「どくだし一番茶」

基本的にこのサイクルを1週間繰り返します。

以下、各食事の作り方&味の詳細です。

朝食:「おかゆ玄米」だけ

■朝食:おかゆ玄米だけ

朝食は「おかゆ玄米」だけ。

熱湯をたっぷりと注ぎ、5~6分置いていただきます。
他には何も食べません。

この「おかゆ玄米」…不味いです(笑)
不味いというか苦いです(^^;)

お湯を入れすぎるとなかなか減らないので
少な目が良いかと思います。

おかゆ玄米開封前。結構軽くて、ぱっと見は、”あられ”みたいです。

お椀にいれます。

熱湯を注いで出来上がり♪

昼食:「葛食」だけ

■昼食:葛食だけ

昼食は「葛食」だけ。

1袋分を大きめのお椀(味噌汁用)に入れ
まず40ccくらいの水でよく練ります。
その後、沸騰直後の熱湯をたっぷり注いで
箸でよくかき混ぜ添付の「塩あられ」
を加えていただきます。

他には何も食べません。

味は…ほぼありません。
かろうじて「塩あられ」の塩味が救い。

ですが葛のとろみがなかなか良い感じ。
ほぼ5分ほどであっという間に食べ終わります(笑)

葛食開封前。右が塩あられ。

お椀にいれます。白い粉です。

まず40ccのお水で溶いておきます。

そこに熱湯を注ぎ箸で混ぜます。

とろみがでてきました。

透明度がでてきたら出来上がり♪塩あられをかけていただきます。

【注意点】
葛湯はまず水で練らないとうまく溶けないので注意。
あと沸騰したてのお湯を加えた後は
箸でよく混ぜること。
ぬるま湯だと溶けないので注意。
もしうまくいかなかったら
葛食を耐熱容器に移し替えて
電子レンジでチンしてゼリー状にすれば大丈夫です。

これ初日に作った失敗作…お湯の温度が弱いと透明度がでないようです。

この色が正しい色なので白っぽかったら温め直してくださいね。

夕食:普通食

夕食は何と普通食が食べられます♪
といっても小食断食中なので
和食など健康的な食事中心で
腹8分目に抑えるのが大切!!

空腹に耐えることで体毒が浄化されます(*^^*)

実際に食べた「普通食」は日別記事にて
画像付で載せているので
良かったらのぞいてみてください!!

夕食後:「飲む小麦麦芽」

■夕食後:飲む小麦麦芽

夕食後は「飲む小麦麦芽」20gくらいを
お湯に溶いていただきます。
すぐ溶けて簡単♪

ビタミンと亜鉛を豊富に富んだ滋養食です(*^^*)

味は”きな粉”みたいで甘いし香り良し。
とても美味しくいただけます♪

あっという間に飲み切ってしまうので残念~

飲む小麦麦芽、開封前。

飲む小麦麦芽、開封後。

20gはこれくらい。結構量あります。お湯に溶いていただきます♪

就寝前:「どくだし一番茶」

■就寝前:どくだし一番茶

1袋を大きめのカップにいれて熱湯を注ぎます。
飲み頃になるまでしばらく置いて
1度に全量を飲み干します。

こちらはやってもやらなくてもいいそう。
ですが小食・断食療法はしっかり排便して
毒だし(デトックス/排毒)を促すことが大切。

なので私は毎日いただきました。

味はまるで”麦茶”のよう。
飲みやすいです♪

最後の方の後味は少しだけ酸っぱい感じ。
飲みにくさや苦さは一切ないです(^-^)

どくだし一番茶、開封前。

どくだし一番茶、1回分/日。

ポットに入れて作ってみました。

しっかり蒸らします。色がはっきりでてきました♪

【小食七日断食】まとめ

ということで【小食七日断食】の
詳細をご紹介しました。

次の記事からはいよいよ「小食断食」スタート!!
1日目から7日目まで”体重変動”含め
毎日の様子や感想を口コミ体験談として
シェアしていきたいと思います。

さて私は痩せるのか!?(*^^*)

↓ ↓ ↓


少食七日断食(熱湯玄米食40g×7食・葛食30g×7食・飲む小麦胚芽150g) ダイエット

スポンサードリンク