寝ても疲れが取れない本当の理由と試してほしいたった1つの解消法

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

寝ても寝ても朝が起きづらい
疲れがとれない
カラダがだるい
いつも倦怠感がある

などの症状にお困りではないですか?
以前の私がそうでした。

・睡眠の質が悪い
・不規則な食生活
・運動不足
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・自律神経の乱れ

など当たり前の理由のほかに
もっと根本的な理由が実はあるのです。

今日は疲れがとれない「本当の理由」と
その解消法をお伝えしたいと思います(^-^)

疲れがとれない本当の理由

先に述べた疲れがとれない理由と考えられる
食生活・運動不足などは
「そうじゃないかな…」
って想像できますよね。

そして実際、疲れがとれない理由です。

シャワーだけですませたり
寝る直前まで携帯を見て
目が疲れている状態で寝ても
質の良い睡眠はとれません。

不規則な食生活では胃腸が疲れてしまい
カラダのだるさにつながります。

運動不足だとカラダに余分な脂肪がたまり
様々な不調を引き起こします。

ストレスのある環境で過ごしていると
ホルモンバランスや自律神経が乱れます。
いつも緊張状態でいると交感神経ばかりが
優位の状態になってしまいます。

そのためリラックス効果のある副交感神経に
うまく切りかわらず疲労が
蓄積されてしまいます。

ですので疲れがとれない…とお悩みの方は
まずそういった日々の生活を
見直すこともとっても大切です。

では…

この上記すべての原因を解消したら
疲れは芯からとれるのでしょうか?

実はそうとも限りません。

なぜなら私がすべてを実践しても
良くならなかった経験を持つからです。

では…

疲れがとれない本当の原因はなんなのか。

それは…

【毒】が原因です。

長い時間をかけてカラダに蓄積された
「毒」のせいなのです。

私達は日々気づかないうちに
様々な有害物質をカラダに
取り込んでしまっています。

口からは残留農薬だったり添加物だったり
そのうち90%は体内に排出されますが
残りの10%は蓄積されていきます。

またこわいのが経皮毒。
シャンプー、化粧品、ハミガキ粉
洗濯洗剤などをとおして
皮膚からはいった毒は体内で10日経っても
10%ほどしか排出されません。

それらの毒が血液の中で老廃物となり
全身を巡ってしまいます。

その結果、寝ても寝ても疲れがとれない
カラダになってしまうのです。

試してほしいたった1つの解消法

ではどうすればよいか?

それは【毒だし】をすることです。
カラダの中に少しずつ蓄積された
「毒」を体外に排出して疲れにくい
カラダにするのです。

具体的には「汗をかくこと」です。

汗から老廃物はたくさん排出されます。

他にも

・シルク靴下を重ね履きして毒だし
毎朝1杯の白湯を飲む
・解毒作用のある食材を食べる
ウォ―キングする

など方法は色々ありますが
私がまずは試してほしい
たった1つの解消法は…

半身浴

です。

ただただこれに限ります。

『半身浴』は

冷えにも効果的ですが
毒だしにも最高に効きます。

半身浴によって発汗作用が促され
カラダ中から老廃物が一気に排出されます。

それに加え

・睡眠の質も良くし
・自律神経のバランスも整え
・ストレス解消

にもなります。

半身浴については以下の記事で詳しく
書いていますので是非参考にしてください。

【温活の基本】冷えとり温活の基本中の基本!!『半身浴』で得られる7つの効果とは

まとめ

私は「冷えとり温活」を始める前は
不規則な生活にくわえシャワーだけで済ませる
日々でした。

温活を始めた当初はほぼ毎日1時間
お風呂に入っていました。
週末は数時間や半日ひたすら半身浴。

そのあとのスッキリ感がクセになったのも
ありますが何といってもカラダが
日々軽くなっていくのを感じました。

寝ても寝ても疲れがとれない
つらい症状にお悩みの方

まずは今日から簡単に始められる
『半身浴』をぜひお試しください(^-^)

なお「毒だし」半身浴を加速してくれる
おすすめ入浴剤は以下です。

【熱サポート】で入浴してみたら老廃物がごっそりでました☆

スポンサードリンク