【夏の温活】カラダが最も冷えるのは「夏」原因と4つの最強対策法!!

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

カラダが最も冷えやすいのって「冬」
だと思われがちでですが実は「夏」なんです!!

特に内臓や子宮はキンキンに冷えている可能性が…!?

なぜ夏にカラダが冷えやすいのか??
原因と対処法をご説明していきます。

夏にカラダが1番冷える理由

冷たいものをガブガブ飲む

夏は体感温度がすでに熱いので
冷たいものを朝からガブガブ…。
正直、温かいものを飲む気すらしませんよね…(^^;)

ですが冷たいものをカラダにいれると
まず胃腸が冷えてその近くの子宮も冷えてしまいます…。

急に冷たいものがカラダにはいり
胃腸もビックリして働きも鈍くなるのです。

その結果、血流も悪くなり
内臓冷えにつながってしまいます。

冷房の部屋で汗をかかない

日本の猛暑は殺人的なのでどうしても
四六時中、冷房の部屋で過ごすことも…。
命の危険を感じる暑さだからしょうがないです。

でも本来、人間のカラダは汗をかいて
自力でカラダを冷やそうとします。

それが冷房の部屋にいるとされなくなるので
自然な状態ではなくなるのですね…。

その結果、自律神経のバランスが乱れてしまい
体温調整機能がうまく働かなくなります。

自律神経が乱れると女性ホルモンのバランスも
乱れるので婦人病などにも影響がでてきたりします。

薄着でカラダを冷やしやすい

そんな環境にもかかわらず
薄着、裸足の人結構います。
おヘソまで出ちゃってる人も…。

冬はそもそも寒いから厚着しますよね。。。
でも夏は暑いからそんなこと考えない。

だからどうしても冷えやすいのです。

夏の冷えにおすすめの温活法をご紹介

ということで夏の冷えやすい環境に
おすすめの温活法をご紹介します。

朝1杯の白湯

恐らく一晩中、冷房をつけたまま
寝る人も多いのでは。私もそうです。
だって暑くて寝られない…(^^;)

そうするとカラダは冷え切っています。
そんな中、朝からガブガブ冷たいもの飲んだら
体はさらにキンキンに…(´;ω;`)ウッ…

なので朝1杯はあたたかい白湯から。
カラダ中に染み入る感覚味わえます。
「それだけ冷えていたんだな私の身体…」
って実感できると思います。

また日中もなるべく飲みものは
常温か温めて…がおすすめです。

白湯の正しい作り方は以下の記事を
参考にしてみてくださいね(^-^)

【関連記事】

1日の終わりにゆっくり半身浴

半身浴ってやっぱり最強です!!

・カラダ全体を芯から温めてくれる
・冷房で出し切れなかった汗がでるでる
・自律神経を整える
・血流を良くする
・カラダに溜まった老廃物をだす

などなど効果は数え切れません。
冷房で冷え切った末端、子宮、内臓など。
そのすべてを優しくあたためてくれます。

「夏は暑いから無理!!」

なんて声が聞こえてきそうですが
ぬるま湯で十分です。
なるべく最低20分。
寝つきも全然違いますので
是非習慣になさることをおすすめします。

【関連記事】

冷房による内臓冷えに「腹巻パンツ」

夏こそ薄着しないで――!!
とお伝えしたいです。

もう冷房でジャンジャン冷えますからね。
しっかり大切な部分は温めましょう。

最もおすすめの温活グッズは
「カサネラボ」さんの
『内絹外綿のはらまきパンツ』です。

これ私が愛用するすべての温活グッズの中で
最強の1番おすすめ温活マストアイテムです!!

何といってもお腹~子宮~お尻~太もも
まですっぽり覆って温めてくれる。
しかも最高に気持ちの良い素材。

いかに素晴らしいかは以下の記事で
熱めに??語っているのですが(笑)

直接肌に触れる部分はシルク(絹)
表面はコットン(綿)で保温性・通気性抜群の
優れものです。薄着の夏でもアウターに響かないし
24時間365日お世話になっています。

「一生もの」を見つけました。
詳細は以下の記事よりご確認いただけます。

天然素材100%です。

【関連記事】

冷房対策に温活の基本「頭寒足熱」を実践!!

さてどうしても冷房環境に終日いる人も…。
しょうがないことだと思います。

そんな時でもせめて冷えやすい末端を
あたためて欲しい…。

冷え取り靴下の重ね履きがおすすめです。
温活の基本は「頭寒足熱」。
足をあたためるとカラダ全体があたたまります。

日中はどうしてもパンストを履かないと。。。
なんて人もせめて夜自宅では
冷えとり靴下の重ね履きをおすすめしたいです。

一晩中冷房のなかで寝る場合は特に。
これだけで随分と体の冷えは改善されると思います(^-^)

あと外出用にはカバーソックスがおすすめ。
お洒落で可愛いです♪

素材はすべて天然素材100%にこだわって
選んでいます。

【関連記事】

まとめ

ということで夏に冷えやすい原因と
冷えを改善する対策法のご紹介でした!!

その他にもまだまだあるのですが
こちらの記事で紹介した方法が
やっぱり基本かなと思います。

「夏こそ冷えに注意!!」

です。

もし体調があまり良くないな…
なんて人はカラダが冷え切っているのかも。

「冷えは万病のもと」

です。

少しずつでも「夏の温活」
取り入れていってみてくださいね(*^-^*)

スポンサードリンク