【温活レシピ】栄養たっぷり切り干し大根の簡単レシピ・作り方&効能

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

今日は栄養たっぷり切り干し大根の
簡単レシピのご紹介と
その効能について
ご紹介したいと思います♪

【料理名】

栄養たっぷり切り干し大根

【温活ポイント】

温活ポイントは全部!!

切り干し大根
揚げ
ニンジン
すべてカラダを温めてくれます。
それに栄養満点☆

切り干し大根とは…

その名の通り大根を細く切って干したもの。

干すことによって太陽の光をたくさん浴びて
栄養価も糖度もあがります。
そして日持ちするので昔の人は保存食に
していました。
昔の人って本当にすごいですよね。
どうしてそんなこと知っていたのか…
不思議。

切り干し大根の栄養や効果・効能について。

カルシウム
カリウム
食物繊維
ビタミン

が普通の大根としていただくより
栄養が凝縮されているので
栄養価がアップします。

だから少しいただくだけで
たくさんの栄養を一気に吸収できるのです。

それにカリウムやビタミンは
むくみや冷え性に効くので
積極的に摂りいれていきたいです♪

低カロリーなのも嬉しいです。

揚げもタンパク質豊富な大豆製品ですし

ニンジンは根菜類のため
カラダをしっかりあたためてくれますよ。
それにとても多くの効能があります。

以下その一部です(^-^)

【ニンジンの効能】
・冷え予防
・むくみ予防
・デトックス作用(毒だし)
・滋養強壮
・消化不良の改善作用
・美肌・美白効果

【材料(4人分)】

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

・切り干し大根30g
・揚げ 1枚
・ニンジン 中1本

★だし汁 500cc
★だしパック 2つ(粉末でもOK)
 大1
みりん 大2

醤油 大3
てんさい糖 大1

胡麻油 適量(炒め用)
山田製油の胡麻ラー油 適量(アクセントに)

【作り方】

では作り方・レシピのご紹介です。

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

①切り干し大根は軽く水洗いしてから水に戻す
揚げはキッチンペーパーでしっかり
油を吸収してからカット
人参は皮をむいて細切り

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

②切り干し大根を適当な長さにカット
※戻し汁は捨てない!!

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

③戻し汁と足りない分のお水を足してだしパックでだしをとる

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分 切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

④フライパンに胡麻油を熱し切り干し大根を投入(中火)

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分 切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

⑤揚げとニンジンを入れて炒める(中火)

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

⑥酒、みりん、だし汁を入れて煮立たせる(中火)

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分 切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

⑦煮立ったら醤油、砂糖を投入し
煮汁がなくなるまでゆっくり煮る(弱火)

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

⑧出来上がり♪

山田製油の胡麻ラー油をたらしていただくと
一味違ってとても美味しいですよ!!
このラー油は今までのラー油の常識が
一瞬でくつがるほど風味のよい
素晴らしい逸品です。
私はかれこれ8年程ヘビリピしています。

我が家では煮物等に欠かせない
万能調味料です♪

↓ ↓ ↓

 

切り干し大根 レシピ 作り方 簡単 栄養 人気 栄養価 効能 栄養成分

上の写真は次の日の朝いただいた
一汁一菜レシピです☆

温活4年目の私ですが
朝は一汁一菜をずっと実践しています(^-^)

一汁一菜にご興味のある方は
以下の記事で詳しく書いていますので
良かったら読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓

【失敗しないためのコツ】

とても簡単なのであまりコツもないのですが
以下思いついたことです。

・切り干し大根の戻し汁は捨てない
・煮込むとき時々かき回して様子を見る
・揚げはしっかり油をとる

切り干し大根の戻し汁には栄養が
たっぷり含まれているのと甘みが増すので
そのまま使用しています。

また煮込んでいると急に水分が
なくなると感じるタイミングがあるので
結構マメにチェックしたほうが
良いかもです。

揚げの油分はしっかり吸い取ってください。
味がくどくなります。
気になる方は熱湯をかけたり
数分茹でてしっかり油抜きされても
良いかもしれません。

【まとめ】

いかがでしたか。

最近、昔の人のライフスタイルや
食生活に興味津々の私です。

これからも昔の人の知恵が詰まったレシピを
たっぷり紹介していきたいと思っています。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!!

スポンサードリンク