韓国の友人直伝!!超ハマる本場『キムチチゲ鍋』のレシピ紹介♪

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

以前カナダに住んでいたことがあり
その時のシェアメイトが韓国人でした。

彼女は料理好きでよく私に韓国料理を
作ってくれたのですが
その中でも『キムチチゲ鍋』は格別で
彼女からレシピを教えてもらい帰国後も
私の定番レシピとなりました♪

鍋パーティーの時にふるまうと
私の友人からも大好評です(^-^)

なので今日は韓国人直伝!!本場の
『キムチチゲ鍋』の作り方を
ご紹介したいと思います!!

日本で気軽に手に入る「韓国ダシ」が
味の決め手ですよ。

それではいってみましょう♪

【料理名】

豚肉&豆腐たっぷりの本場『キムチチゲ鍋』

【温活ポイント】

温活ポイントは全部です!!

まず韓国味噌、コチュジャン、キムチ
それにえのき、ひらたけなどのきのこ類

発酵品やきのこは「菌活・腸活」にもよいです。
腸をキレイにしてくれて
便秘改善や冷えに効きます。

豚肉もネギも陽性の食べものなので
カラダを芯からあたためてくれます(^-^)

豆腐、油揚げはタンパク質豊富で
栄養たっぷり。

本当にカラダに良いのと美味しいので
真冬のみならず夏の冷房疲れにも
効く鍋として我が家では年中いただきます♪

韓国人は細くて美肌の人が多いけれど
彼らの食生活を知ると納得できます。

【材料(3~4人分)】

それでは材料のご紹介です。

【鍋の具材】
ネギ 大1本
ひらたけ 1パック
えのき 1パック
きぬごし豆腐 1パック
油あげ 1パック
豚バラ肉 200g
豚ロース肉 200g
キムチ 300g
(※その他お好きなものを自由に)

【鍋の調味料】
水 1L
ダシダ 大1
テンジャン(韓国味噌) 大3~4
コチュジャン 大1~2
(※お好みで調整してください。)

韓国食材は「ダシダ」「韓国味噌」
「コチュジャン」「キムチ」の4つ。


(ダシダ)

キムチチゲ鍋の素はダシの「ダシダ」
ご存知の方も多いかもしれませんが
日本でいう「だしの素」みたいな感じ。

牛肉ペースの粉末ダシで
韓国の家庭には必ずあると
友人から聞きました。

「ダシダ」がコクのある深い味わいに
してくれます。


(韓国味噌コチュジャン)


(テンジャン)

そして「韓国味噌コチュジャン」と
「テンジャン」をブレンドしていくのですが
いずれも欠かせない調味料です。

韓国味噌は日本の味噌と少し味が異なります。
大豆の粒がそのまま残っていて
田舎味噌に少し似ています。

コチュジャンはビビンパなどに入れる
馴染みの調味料ですね。

キムチは白菜キムチを選んでください。

この4つすべて揃えても1500円くらいで
購入できます。

近くに韓国食材店があるとベストですが
業務用スーパーや最近では大型スーパ―でも
すべて揃ったりします。

もし通販が良いということであれば
「韓グルメ」さんですべて揃います。

↓ ↓ ↓


韓グルメ

 

ちなみに少し話はそれますが
とっても美味しいおすすめの
韓国食品店は「豊田商店」さんです。

本格キムチや珍味が手にはいります(^-^)

↓ ↓ ↓


株式会社 豊田商店

【作り方】

ではレシピ紹介です。

①野菜、きのこ類をカット。
ネギは斜め切り、揚げは1cmほどに。
キノコは軽く洗って適当にほぐします。

②鍋にお湯を1Lほどいれ「ダシダ」を
大1いれ火にかけます。

③沸騰するにつれ「ダシダ」が鍋に溶ける
のでそのあと「韓国味噌テンジャン」大3~4と
「コチュジャン」大1~2を投入

④スープができたら豚肉以外の具材を
鍋に投入。豆腐は切らずにスプーンで
すくいながら入れるのが韓国流☆

⑤真ん中にキムチを好きなだけおいて
その上に豚肉を並べていきます。

⑥ふたをして中火で15分くらい煮込みます。

⑦豚肉に火が通ったら鍋の具材を混ぜて
もう一度5~10分くらい中火で煮込む。

⑧出来上がり♪

⑨今回は忘れてしまったけれど「しめ」は
中華麺かご飯&卵のお雑炊が
最高に美味しいです☆

【失敗しないためのコツ】

鍋ってスープが薄くなるイメージあるけれど
この鍋はスープが薄まる具材がないので
(白菜など)最初につくるスープの濃さが
そのままいただく濃さになります。

なので自分好みの味に調整してくださいね。

あとコチュジャンは結構辛くなるので
要注意。私は辛いものを「辛~い」
と言いながらいただくのが好きなので
コチュジャンはガッツリいれちゃいます。

テンジャン(韓国味噌)は日本の味噌より
コクは深いけれど薄味です。
結構たくさんいれても大丈夫ですよ(^-^)

【まとめ】

いかがでしたか。

「チゲ鍋」と「キムチ鍋」の違いとか
「スンドゥブチゲ」とか最近は
色々聞くので私も正直違いはよく
分かっていません…(^^;)

ですがこの料理は少なくとも
ソウル出身の友人が小さい頃から
慣れ親しんできた家庭料理ってことは確か(笑)

手軽に手に入る韓国調味料で
美味しく簡単に作れるおすすめレシピなので
もしよろしければ是非お試しくださいね☆

最後までお読みくださり
ありがとうございました!!

スポンサードリンク