温活・腸活・ダイエットにおすすめの『こんにゃくのきんぴら』レシピ紹介

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

今日はほとんど水分でできているのに
カラダを温めて腸活やダイエットにもよい

「こんにゃくのきんぴら」

レシピのご紹介です♪

こんにゃくの魅力にも迫っていきます(^-^)
ではいってみましょう!!

【料理名】

こんにゃくのきんぴら

【温活ポイント】

こんにゃくはサトイモ科の植物である
こんにゃく芋からできていて
根菜類になるのでカラダをあたためる
陽性の食べものです。

主な栄養素は何と食物繊維だけ(笑)

コンニャクの成分は96~97%が水分
なのでそれを除いた成分です。

ですがこの食物繊維は水溶性のため
お腹の中で膨らんで
満腹感を得られるのです。

低カロリーということもあり
ダイエット食品として常に注目を
集めていますよね。

それだけでなく
腸の老廃物を排出する作用がある
ので腸活・便秘にも効果的です。

【こんにゃく湿布】という使い方も♪

こんにゃく湿布ってご存知ですか?

お湯でゆでたこんにゃくをタオルに包んで
おヘソの下あたりの「丹田」というツボに
置いて体を芯から温める自然療法です。

こんにゃくが体内の毒素を吸ってくれて
新陳代謝もよくなるそうで「冷え」
のみならず万病に効くと言われています。

96~97%が水分とは思えない活躍ぶりです。

少し話がそれましたが
今日は食べるためのレシピを
ご紹介していきます(^^)

【材料(2~3人分)】

【具】
こんにゃく1パック(400g)

【味つけ】
醤油 大1.5 
お酒 大1.5 
みりん 大1.5 
てんさい糖 大1 

胡麻油 適量 
山田製油のラー油 小1 
いりごま 適量

【作り方】

では作り方です。

①こんにゃくを粗い千切りにする。

②沸騰したお湯で5分茹でる。

③胡麻油をしいたフライパンで5分炒める。(中火)

④★の調味料を投入しさらに5分炒める。(中火)

⑤胡麻油小1を回しかける。(中火)

⑥山田製油のラー油小1を回しかける。(中火)

⑦火を止めていりごまを投入。

⑧出来上がり♪

【失敗しないためのコツ】

こんにゃくは臭みがあるので
しっかり湯せんして臭みを
飛ばしてください。

またしっかり炒めることで
味も浸み込んでいきますので
しっかり炒めてください。

最後に山田製油のラー油は
ラー油の常識がくつがえるくらい
風味豊かで美味しい逸品です。

このラー油をスプーン1杯
回しかけるだけでピリ辛になり
味も全然変わるのでおすすめです♪

【まとめ】

いかがでしたか。

とっても簡単なレシピです。
あともう一品って時におすすめの

こんにゃくのきんぴら

よろしければ是非作ってみてくださいね(^-^)

スポンサードリンク