【薬膳レシピ】すりおろしれんこんスープの薬膳効果・効能&作り方

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

今日はカラダを芯からあたためる
根菜類のレンコンを使用したスープレシピの
ご紹介です(^-^)

【料理名】

すりおろしレンコンの薬膳スープ

【温活ポイント】

れんこん 陽性の食べもの

「蓮根」(=レンコン)
代表的な根菜類なので
カラダをしっかりと温めてくれます。

食物繊維も豊富なので便秘予防にも。
そしてビタミンCが鉄分を吸収しやすく
してくれるので貧血予防にも効きます。

また薬膳としての効能は
気を補う」作用があり(元気になる)
血の巡りもよくなります。

何となく元気がでない…なんて時は
土のパワーをたっぷり吸いこんだ
レンコンはとってもおすすめ(^-^)

次にチンゲン菜ですがこちらは
陰性の食べもので緑黄色野菜に属します。

ですが漢方では健胃作用もあり
BカロテンやビタミンCが豊富で
抗酸化作用が強いので風邪予防に効きます。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので
今回、陰性ですが風邪を予防して
免疫力を高めてくれるチンゲン菜を選びました。

もし陽性の野菜を使われたい場合は、
代わりに小松菜がおすすめです(^-^)

【材料(4~5人分)】

では材料です。

すりおろしレンコンスープ 材料

【具】
レンコン 400g程度
チンゲン菜 2株

【スープの味つけ】
だし汁 700CC
(粉末でもOK、好みで鶏ガラでもOK)
塩 適量
醤油 大1.5
オイスターソース 大1.5
お好みでおろしショウガ 適量

【作り方】

では作り方の紹介です。
レシピはとっても簡単です♪

①まずだし汁を作っておく。

②レンコンは良く洗って皮ごとすりおろす。

③チンゲン菜は横向きにスライス。

④だし汁にレンコンとチンゲン菜をイン。

⑤塩を適量いれて20分ほどコトコト煮込みます。(弱火)

⑥醤油とオイスターソースをいれてさらに10分煮込みます。(弱火)
だいぶスープがとろみがかってきます。

⑦出来上がり♪
お好みでおろしショウガを添えて♪

【失敗しないためのコツ】

失敗しないためのコツは特にありません(笑)

ただレンコンは煮込むととろみがでてきて
少し鍋が焦げやすいかも。
時々かき混ぜながら作ってくださいね。

あと味つけは薄めなので
お好みで調整してください。

【まとめ】

いかがでしたか。

温活レシピとしてだけでなく
「風邪気味」なんて時や
「食欲がない」なんて時も
このすりおろしスープ1杯で
一気に栄養補給できる万能スープです。

よろしければ是非お試しくださいね(^-^)

スポンサードリンク