デトックス・ダイエット・温活におすすめ【きのこスープ】レシピ紹介☆

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

私達は日々生活するなかで
気づかないうちに体内に「毒」を
溜めこんでいます。

保存料、人工甘味料、着色料、香料
などの添加物、トランス脂肪酸、
排気ガス、界面活性剤、農薬など様々です。

☆朝1杯の白湯

☆半身浴

でも毒だしの効果は十分ありますが
腸内洗浄もしながら毒だしするのは
やはり口にするものでしか
できません。

そこで今日は強烈な解毒作用もあり
腸内もキレイにしてくれる
「きのこスープ」をご紹介します♪

デトックスとは

デトックス(detox)とは「解毒」の意味です。

つまり

体内に溜まった毒物を排出させること

です。

きのこスープの材料

白菜
タマネギ
しょうが
きのこ類(まいたけ、しめじ、えのきetc.)

きのこスープの【デトックス(毒だし)効果】

玉葱 デトックス 毒だし 解毒 むくみ予防

まずデトックス(毒だし)効果のある
タマネギをたっぷり使います。

タマネギはカラダを温める陽性の野菜
でもありますし

超!!!「解毒力」が強い

野菜でもあります。

タマネギに含まれる成分が

毒をキャッチ

血液を通って運搬

便として排出

のすべてを行ってくれるのです。

タマネギを食べてむくみ解消!!

なんて良く聞きませんか?

それはタマネギが体内の毒だしをして
不要な老廃物を排出してくれるから
むくみが改善されるのです。

きのこスープの【ダイエット効果】

きのこ 老廃物 便秘改善 腸内環境

きのこスープというだけあって
大量のきのこを使います。

今回はしめじ、まいたけ、えのきを用意。

しいたけ、エリンギ、マッシュルーム等を
いれてもバッチリです。

これらきのこ類には不溶性食物繊維が
豊富に含まれています。

この食物繊維は水に溶けないので腸まで届き
腸内で水分を含んで大きく膨らみます。

その結果、腸壁を刺激して腸の運動を
盛んにしてくれます。

その時、腸壁にたまった老廃物を
一緒にお掃除してくれる
ので腸内環境が
とっても良くなるのです。

それにきのこはどれも超低カロリ―なのも
嬉しいですね。どれだけ食べても太りません。

ダイエットのみならず、便秘にも効果大ですよ。

私はきのこスープを飲んだ次の日は
信じられないほど快便です!!(笑)

そして老廃物が流れるので美肌効果
も期待できますよ(^-^)
肌がツヤツヤになってきます。

菌活が盛んになってきている今
きのこもとても注目されてきました。

菌活って納豆、味噌、麹など
発酵したものが代表的ですが
きのこってもうそれだけで菌類ですから
発酵しなくても食べるだけで
腸内環境が整い便利です(^-^)

きのこを継続的に食べる菌活をするだけで
日々デトックスできて、体内に毒を
溜めこまないカラダになれちゃいます♪

きのこスープの【温活効果】

白菜 陽性の野菜 しょうが 温活 陽性

デトックス(毒だし)・ダイエットに加え
きのこスープは温活までできちゃいます。

白菜、タマネギいずれも
カラダを温める陽性の野菜。

すでに温活効果バツグンですが
これに加え、たっぷりの
ショウガチューブを使います。

ショウガももちろん陽性の野菜です♪

刻みショウガやおろしショウガ
でも良いのですが、私は手っ取り早く
チューブタイプのものを使います(^-^)

ご存知の方も多いかと思いますが
ショウガに含まれるジンゲロールという
成分がカラダを温め血流を良くします。

きのこスープの効能まとめ

きのこスープの効能をまとめてみました。

デトックス効果
ダイエット効果
温活効果
腸内がキレイになる
便秘解消
美肌効果

凄い効果ですね!!

きのこスープ材料(6~10人分)

さてようやくレシピ紹介です。
まずは材料から。

デトックス・ダイエット・温活・きのこスープのレシピ

白菜 1/2個
タマネギ 大1個
きのこ類(えのき、しめじ、マイタケ)適量
★酢 大3
 大3
★塩麹 適量
★ショウガチューブ 適量
しょうゆ 適量(大3~)

自分好みで味付けしているので
結構目分量だったりします。

作り方

①まず白菜とタマネギを1cmに切る

白菜・玉ねぎ・きのこ類カット後

②鍋に酢、酒、塩麹、ショウガチューブを入れ
 火にかける。

酢、酒、塩麹、生姜

③白菜、タマネギ、きのこ類をどさっと入れて
 水を適当に入れる。
 白菜から水分が出るので最初は少なめに。

デトックス・ダイエット・温活・きのこスープのレシピ

④フタをして20分ほど煮込む。
(途中、スープっぽくなる量まで水を加える。)

デトックス・ダイエット・温活・きのこスープのレシピ

⑤しょうゆで味を整えて出来上がり♪

デトックス・ダイエット・温活・きのこスープのレシピ きのこスープのできあがり画像

失敗しないコツ

きのこからしっかりとだしがでますが
仕上がりの味は薄目です。

好みでしょうゆの量を調整してください。
一気に入れると味が濃くなるので
気をつけてくださいね。

いただくときにゴマ油ごまらあ油
加えると味にグッと深みが増して
おすすめです☆

まとめ

いかがでしたか。

最近どんどん暑くなってきましたね。
暑いからといって冷たい飲み物を
ガブガブ飲んでいませんか。

汗をかいていても内臓は
冷え切って、疲れ切って
いるかもしれません。

そんな時は手軽に手に入る野菜ときのこで
「きのこスープ」を試してみてください(^-^)

ちなみに以前も紹介しましたが
いつもスープや煮込み料理には
ケヴンハウン(KEVNHAUN)の
スクエアデザインの鍋がおすすめです。

4300mlの大容量で焦げつかない
優れものです。
↓ ↓ ↓

スポンサードリンク