【ココナッツオイル】結局どれがいいの?私が試したおすすめベスト3徹底比較

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

最近、話題沸騰のココナッツオイルって
種類がとても豊富ですよね。

店頭やネットなどいたる所でみかけて
どれがいいかわからなくなりませんか。

そこで今日は

「ココナッツオイル使用歴5年」

の私が

今まで試したヴァージンココナッツオイルを
安全性・栄養成分・価格など総合的な視点で
厳選してランキングしてみた結果

特におすすめの「ベスト3」を
徹底比較したいと思います。

ではいってみましょう!!

ココナッツオイルとは・種類の説明

ココナッツの実

ココナッツオイルは以下3種あります。

・ココナッツオイル
・ヴァージン ココナッツオイル
・エキストラ ヴァージン ココナッツオイル

です。

ココナッツオイルは
高温で加熱精製され
漂白され
ニオイを消された
オイルのことです。
なので香りはありません。

乾燥させたココナッツから抽出するため
化学処理が必要となりその過程で
栄養が激減してしまいます。

カラダに有毒なトランス脂肪酸が
含まれていることもあるので
使用される際は、十分に気をつけてください。

一方、ヴァージンココナッツオイルは
化学処理が一切行われていない
オイルのことをいいます。

栄養成分もそのままの
100%純粋な無添加オイルです。

さらにその上に
エキストラ ヴァージン ココナッツオイル
と呼ばれるものがあります。

ココナッツオイルの中でも
最もグレードが高く
質の良い貴重なオイルになります。

私が使用しているのはすべて
ヴァージンがエキストラのいずれかです。

ココナッツオイルの用途

今となっては皆さん
ご存知かと思いますが用途を念のため。

ココナッツオイルの用途は

【食べる】
【スキンケア】
【ヘアケア】

です。

食べるのはもちろんのこと
スキンケア・ヘアケアもできます。

私は髪の毛~顔~全身~足の先まで
お世話になっています。

アーユルヴェーダ発祥の地である
インドでは皆ココナッツオイルで
全身をケアしているそうです。

ココナッツオイルに含まれる栄養成分まとめ

まずココナッツオイルの栄養成分から。

【主な栄養成分】
・中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)
・ラウリン酸
・ビタミンE

注目すべきはヴァージンココナッツオイルに
多く含まれている
天然成分の中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)

吸収は早いのですが
すぐエネルギーになるため
脂肪にはならず
カラダに蓄積されにくい特徴があります。

そして腸の中の汚れも
キレイに掃除してくれます。

しかも

体内の脂肪も分解してくれる
優れものです。

次にラウリン酸と呼ばれる天然成分も
多く含まれています。
これは抗菌作用、抗炎症作用があります。

最後のビタミンEは
保湿効果も高くアンチエイジングにも
良いとされています。

【食べる編】栄養・効果・効能まとめ

食べるといいことまとめました。

【効果・効能】
冷え改善
ダイエット効果
便秘予防

脂肪はカラダを冷やしますが
その脂肪を分解してくれるのですから
「冷え」にも
「ダイエット」にも効きます(^-^)

1日スプーン1~2杯のココナッツオイルを
いただくだけの簡単ダイエットにも
いいですね♪

ついでに腸内もキレイにしてくれるので
便秘気味の方にもおすすめです。

気になるカロリーですが…

大さじ1杯 約110kcal
小さじ1杯 約37kcal

あります。

これはオリーブオイルやごま油と
ほどんと変わらないカロリーです。

【食べる編続き】おすすめレシピ

食べるといってもどうやって?
と疑問に思われる方におすすめレシピを
いくつかご紹介します。

まず飲みものだと
紅茶、コーヒー、ホットミルク
などにスプーン1杯いれると
ココナッツの甘い香りがする
フレーバーティーを楽しめます。

私はミルクティーがおすすめです。

ハチミツや砂糖代わりにいれると
独特の香りと味で癒されますよ(^-^)

その他、気軽にいただけるものとして
フレンチトーストを焼くときの
バター代わりに使うのもおすすめです。

トーストにかけていただくだけでも
美味しいです。

きのこスープに1杯加えるだけで
脂肪燃焼スープの出来上がりです。

意外と合うのがドレッシング。
ココナッツオイルに
少しの酢、塩、コショウを混ぜれば
あっという間にドレッシングができます。
オイル大1に対し
酢は小1くらいが適量です。

【ボディケア編】効果・効能まとめ

ボディケアとして使用した際の
その効果・効能をまとめてみました。

リンパを流して冷え性改善
保湿
美肌効果&老化防止
日焼け止め効果

超敏感肌の私ですが、
今まで使用したどのココナッツオイルも
肌荒れしませんでした。

ものすごい保湿効果があるので乾燥肌の
方には特におすすめです。

ビタミンEの一種であるトリコエノール
という成分は抗酸化作用があるので
シミ・しわに効き美肌効果が期待できます。

また抗菌作用のあるラウリン酸が
肌の酸化を防ぐので老化防止になります。

日焼け止めにも効果的です。

べたつきが気にならないかなと
心配されるかもですが
ビタミンEに含まれる分子が小さいため
肌に良くなじみべたつきません。

リンパマッサージオイルとしても
保湿オイルとしても使用でき万能です。

ハンドクリームの代わりにもなります。

赤ちゃんにも使えますし
舐めても安全なので
ペットにも使えますよ。

【ヘアケア編】効果・効能まとめ

保湿

髪につけると良い効果・効能は
ずばり「保湿」です。

洗い流さないトリートメントとして
濡れた髪につけてしっとりなじませた後
ドライヤーをかけます。

熱から髪を守ることもでき
なおかつ髪に潤いが残ります。

やはりオイルなので
髪につけすぎると”ペター”っと
なってしまうので、つけすぎに注意です。

また抗菌作用もあるので頭皮マッサージにも
向いています。
私は月1でヘアパックしています。

シャンプー後オイルを頭皮と髪になじませて
ゆっくりマッサージ。

そのあと、良く洗い流します。
べたつきが気になる方は
もう一度頭皮だけシャンプーしても
いいかもしれません。

頭皮スッキリ、髪ツヤツヤになりますよ(^-^)

 

【私のおすすめベスト3】発表

ようやくランキングにたどり着きました。

これから紹介するココナッツオイルは
以下を満たしています。

ヴァージンorエキストラヴァージン
オーガニック
USDAオーガニック認証を取得

右下の緑のマークがUSDA認証マークです。

右下の緑のマークがUSDA認証マークです。

すべて間違いのない商品で
素晴らしいのですが
あえてランキングした理由も加えながら
紹介したいと思います。

栄えある第1位に輝いたのは…

≪第1位 COCOWELL(ココウェル)≫

オーガニックバージンココナッツオイル(スキンケア用)
140g 1,944円(税込)

エキストラヴァージンココナッツオイル(エクスペラ―)(食品用)
360g 2,592円(税込)

香り:★★★★★
栄養成分:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★☆☆
産地:フィリピン産
(中鎖脂肪酸61.3%、ラウリン酸55%)

ココウェルのココナッツオイルでした!!

私の中では不動の1位です。使い始めた頃は
まだあまり知られていませんでした。

今では多くのメディアや雑誌で
取り上げられるようになり
すっかり有名になりました。
爆発的に売れています。

それもそのはず
香り、成分、安全性すべてにおいて
パーフェクト
です。もう完璧です。
香りはふんわり優しく、クセはありません。
香りが気になる方にもおすすめです。

栄養成分もバッチリです。

USDAオーガニック認証に加え
ヨーロッパのECOCERTも
取得されているので安心です。

それに伝統的な低温圧搾法でじっくりと
オイルのみを抽出して水分量を0.1%以下
におさえていますので、かなり
濃厚なオイルであることが分かります。

私は主にスキンケア用の
オーガニックヴァージンを使用しています。
使い心地ですが、よく伸びるわりに
べとつかないし、香りも強すぎないので
とても気持ちよく使用できています。

実は3商品のなかで
1グラム当たりの値段が1番高いのですが、
それでもやはり総合的にみて
私のおすすめ堂々の1位となりました。

値段は高めですが「のび」が良いので
1度購入すると数か月は使用できます。

ちなみにミランダ・カーさんも
愛用されているそうです(^-^)

≪第2位 ヌートリア(Nutria)≫

オーガニック ヴァージンココナッツオイル
470ml ¥2,300(税込)ml表示のみ

香り:★★★☆☆
栄養成分:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
産地:フィリピン産
(中鎖脂肪酸67%、ラウリン酸50%)

1番絞りのみを抽出したピュアオイルです。

使い心地もとても良く
ココウェルに全く劣らない商品です。

今回2位にした理由は
香りが少し強いことです。

ココナッツ大好きの私としては
むしろ嬉しいのですが
一般的に好き嫌いがあるかもしれないと思い
星3つにしました。

しかし

ココナッツの香りが
お好きな方にとってはかなりおすすめです。
フタを開けるとアーモンドのような
濃厚で甘い香りが楽しめます(^-^)

≪第3位 ブラウンシュガーファースト(BROWN SUGAR 1ST)≫

有機エキストラヴァージンココナッツオイル
425g 1,922円(税込)
定期購入 425g×2本 ¥3,845(税込)

 

 

香り:★★★☆☆
栄養成分:★★★☆☆
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
産地国:タイ
(中鎖脂肪酸:パーセンテージの表記なし、ラウリン酸47%)

Amazon・楽天とも口コミによる
評価がいずれも4.5以上とかなりの高評価
だったので購入してみました。

USDAオーガニック認証に加え
日本基準である有機JAS認証も
取得されているので安心です。

山田優さんや、辺見えみりさんなど
芸能人の愛用者が多いようですね。

香りも味もスッキリしているので
どなたでもお使いいただけると思います。

中鎖脂肪酸の含有量ですが14g中
1位のココウェルが9.000gに対し
3位のブラウンシュガーファーストは2.156g
です。

どうしてこのような差ができるかというと
ココウェルは自然発酵法で抽出するのに対し
ブラウンシュガーファーストのオイルは
抽出過程で栄養がとびやすい
遠心分離法で抽出するためです。

個人的には香りが少し物足りないことと
栄養成分が他に比べ少し低めなので
3位にしました。

しかし品質はまったく問題ないですし
信頼できるメーカーなので
こちらも自信をもっておすすめします(^-^)

 

気をつけたい保存方法

まずココナッツオイルの特徴として

25℃以上で溶け透明の液体になります。
20~25℃で徐々に白濁してきます。
20℃以下で固まり白い固形になります。

25℃で液体に

25℃で液体に

20~25℃で徐々に白濁

20~25℃で徐々に白濁

20℃以下で固形状に

20℃以下で固形状に

ココナッツオイル

これが大きな特徴です。

なので季節に合わせて使い方も保存方法も
工夫が必要です。

冬の間は室内保存でよかったオイルも
あたたかくなる5月中頃から
液体へと変化します。

液体になった時の注意点ですが
オイルに水分や異物がはいると
カビの原因になります。

以前、ココウェルのオイルを使用していた時
容器に指をつっこんですくっていたら
ある日、底の方にカビを発見し
泣く泣く捨てたことがあります(^^;)

「本当に無添加なんだぁ」と
改めて確認できたので
それはそれで良かったのですが
勿体ないことをしました。

それ以来、液状になると画像のような
容器を用意し大きめのスプーンで
移し替えてプッシュして使用します。

25℃超えると透明の液体に。このように容器に移し替えます。

25℃超えると透明の液体に。このように容器に移し替えます。

残りのココナッツオイルは悪くならないよう
冷蔵庫に保管しています。

副作用があるって本当?

基本的には心配しなくても良いと思います。

ただココナッツはナッツになるので
ナッツアレルギーの方は避けてください。
食べても塗っても
アレルギー反応がでてしまうことがあります。

またオイルなので、ニキビ肌など油性肌の方は
悪化する可能性があるため避けられた方が
良いかもしれません。

ちなみに私のケースですが
生理前などたまに大人ニキビができ
肌荒れもありましたが、気にせず塗っていたら
そのうちニキビすらできなくなりました。

抗菌作用のあるラウリン酸が
うまいこと働いてくれたのかもしれません。

個人差もありますし、温活との相乗効果も
考えられるのであくまでもご参考まで(^-^)

また忘れがちなのがカロリーです。

「食べると痩せる」と言われていますが
大さじ1杯 約110kcalあります。
冷静に考えるとなかなかのカロリーです。

ですので、あくまでも適量をいただいた場合に
期待できるダイエット効果です。

食べ過すぎて逆に太ってしまった~!!
なんてことにならないよう注意してくださいね。

失敗しない選び方

安全なココナッツオイルを選ぶ基準ですが

大切なのは

「ヴァージン」か「エキストラヴァージン」であること

オーガニックであること

「ヴァージン」か「エキストラヴァージン」
を選ぶ理由は先にも述べたように
ヴァージン以上のものは無添加なので
安心して使用できるからです。

熱処理で精製されたココナッツは
「RBD(漂白脱臭精製済み)」
「レギュラー」
「オールナチュラル」
などと表示されているので
こういったものは選ばないでください。
トランス脂肪酸が含まれている可能性大です。

そしてオーガニックであること。
より安全に使用できます。

これに加えフィリピン産だと「より良し」
といったところでしょうか。

フィリピンは空気もキレイで肥沃な土壌を
持つので良いココナッツが育つ環境が
整っています。

ココナッツ庁という機関があるほど
ココナッツが盛んな国なのですよ。

フィリピン海。こんなところで育っています。

フィリピン海。こんなところで育っています。

「なお良し」なのは
世界で最も厳しいオーガニック認証機関である
USDA(米国農務省オーガニック認定)
を取得
しているココナッツオイルだと安心です。

まとめ

いかがでしたか。

食べることもできて
全身にも使えて本当に万能なココナッツオイル

しかも信じられないほど多くの効果・効能

私はスキンケアとヘアケアを中心に
使用していますが、
本当にトラブル知らずの肌になりました。

美容院に行けば毎回
「歳のわりにツヤがすごいです」
と褒められますし

月1で通っている
アーユルヴェーダマッサージの方には
「相変わらずしっとりキレイなお肌ですね」
と褒められます。

お世辞でないことを心から祈ります(笑)

以前はヘアクリーム、ボディオイル、
フェイスクリーム、日焼け止めと
すべて分けていたので大変でした。

でもココナッツオイルと出会ってからは
これだけですべてをカバーでき
とってもシンプルになりました♪

それに市販のものより格段にお肌に優しく
トータルで考えるとかなり安価!!

とてもオススメです。

気になる方は是非一度お試しくださいね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!!

【関連記事】

スポンサードリンク