【冷えとりコーデ】オシャレもしたい!!そんなときの隠れ温活ファッション☆

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです。

今日は「温活春コーデ」です。

今日はどうしてもヒールを履きたかった…。
ということで少しでも「温活」しながら
オシャレもしたい!!ということで
自分なりに工夫した「冷えとりコーデ」のご紹介です。

本日のコーデ

本日のコーデはこんな感じです。

温活コーデ 本文用

トップス:白シャツ(GLOBAL WORK)
ボトム:パンツ(FOREVER21)
麻100%のストール(メーカー不明)
腹巻:シルクコットン腹巻(シルク生活)
レッグウォ―マー:レッグウォ―マー(靴下屋)
靴:エナメルパンプス(卑弥呼:ヒール5cm)(24.0 )

卑弥呼のエナメルパンプス

冷えとりポイント

麻のストール

麻100%のストール(メーカー不明)
 春夏は常にストールを持ち歩いています。
 直接肌にふれるので、天然素材のものがオススメです。
 この時期、クーラーも効き始めますし
 温度差のある環境なのでひとつ持っていると
 温度調整ができます。

シルクコットン腹巻

腹巻シルクコットン腹巻(シルク生活)
 愛用している「シルク生活」さんの
 シルクコットン腹巻は外出時に大活躍です。
 ブラックなので服の下から見えても
 腹巻とバレません。それに丈夫で温かく
 かさばらないところが気に入っています。

靴下屋のレッグウォーマー

レッグウォ―マー(靴下屋)
 1番の温活ポイントはこのレッグウォ―マーです。
 今日はどうしてもパンプスを履きたかったので
 ストッキングを履いてます。
 
 なので足先は露出するのですが…
 何とか足首だけでも、との思いで
 靴下屋さんの薄手のレッグウォ―マーを
 こっそりパンツの下に重ねています。
 
 これ、思いの外、本当に温かいです。
 今日は特に暖かい気候で冷えこみもない
 1日だったこともあり
 足先までぽかぽか温かくなってきます。

 「冷えとりファッション」で大切なことは
 3つの首(首、手首、足首)を温めることにあるといいます。
 腕は上半身を巡る血液が流れるので
 比較的血流は良いです。
 なので『首』と『足首』をより気をつけます。
 
 やっぱりふくらはぎと足首を温めると
 全然冷え具合が違うので、この時期もまだまだ
 手放せないアイテムとなっています。

よろしければ、薄手の「レッグウォ―マー」と
「シルクコットン腹巻」お試しください(*^^*)

スポンサードリンク