カラダを温めるお肉5選!!その中でも強烈に温めるのは〇〇肉!!

スポンサードリンク

こんにちは(^-^)
温活アドバイザーのリコです♡

お肉にも体を温めるお肉と
冷やすお肉があるってご存知ですか??

今日はカラダをあたためるお肉5つと
カラダを冷やすお肉1つを
ご紹介します!!

カラダを温めるお肉5選は!? 1位は〇〇肉!!

肉の役割は胃腸の動きを良くしたり
血や肉を作ったり、筋肉を強くしたり。

体内でエネルギーを生み出しながら
カラダをあたためてくれるので
我が家では普段の食事に
よく取り入れています(^-^)

カラダを温めるお肉は以下5つ!!

1 羊肉
2 鶏肉
3 鹿肉
4 牛肉(赤身のみ)
5 豚肉(脂身の少ない部位)

それぞれお肉の役割や体を
温める仕組みをご紹介しますね(^-^)

強烈にカラダをあたためるNO.1はズバリ羊肉!!

強烈にカラダをあたためるNO.1は

ズバリ

「羊肉(ラム肉)」

です!!

「陽性」「陰性」で表すと「極陽」です。

羊肉がカラダを強烈にあたためる秘密は
L-カルニチンにあります。

L-カルニチンはアミノ酸の一種なのですが

・基礎代謝をアップさせる
・脂肪燃焼を促す

という働きがあります。

それに羊肉は
カラダを冷やす脂身もほとんどなく

・高タンパク
・低カロリ―
・低コレステロール♪

太りにくい食材でもあります。

このような特性から
カラダを強烈に温めてくれます。

最近では大型スーパーでも
気軽に購入できるので我が家では
焼肉でモリモリいただくことが多いです。

カラダをあたためるお肉NO.2は鶏肉

次にカラダを温めやすい陽性のお肉は鶏肉

鶏肉も高タンパクで低カロリ―♪
カラダを温めながら
体内でエネルギーになります。

ビタミンAの含有率は牛肉や豚肉の10倍。
ダイエット食としても好まれています。

カラダをあたためるお肉NO.3は鹿肉

次は鹿肉

あまり食さないお肉かもしれませんが
鹿肉も脂身やコレステロールが少なく
高タンパクで低カロリ―♪

カロリーは豚肉や牛肉の約3分の1。
鉄分も豊富で血を作ってくれ
しっかりカラダを温めます。

羊肉と同じく寒い地域の北海道では
比較的良く食されています。
昔の人は寒い地域だからこそ
カラダを温める食材を
良く知っていたのだと思います。

私は以前、北海道に住んでいたことが
あるのですがいただく機会は
比較的よくありました。

日本全体ではあまり鹿肉をいただく機会は
少ないと思いますが、ご参考までに(^-^)

カラダをあたためるお肉NO.4は牛肉(赤身のみ)

牛肉からだを温める作用が強いです。

良質なタンパク質である必須アミノ酸を
豊富に含んでいて血液、皮膚、内臓などを
作ってくれる栄養素のひとつです。

まさに血となり肉となるので
虚弱体質の人に特におすすめ。

ですが「赤身のみ」です!!

脂質はカラダを冷やす作用があるので
注意してください。

カルビでなくロース肉で
サーロインでなくフィレ肉で

カラダをあたためるお肉NO.5は豚肉(脂身の少ない部位)

最後は豚肉

豚肉は脂身が多いのでなるべく
脂身の少ない部位がおすすめ。

ですが豚肉の脂身は良質のものが多いので
あまり神経質にならなくても大丈夫。

豚肉はビタミンB群が豊富で牛肉の約10倍。
ビタミンB群は炭水化物や糖質を分解し
効率的にエネルギーに変えてくれるので
カラダを温めるし太りにくい食材です。

私は以前、伊豆高原で
「1週間断食」をしたことがあるのですが
その時の先生に

「豚肉や鶏肉を積極的に摂ってください」

と勧められたことがあります(^-^)

カラダを冷やすお肉は〇肉!!

さてここまでは
カラダをあたためるお肉の紹介でしたが
体を冷やすお肉もあるってご存知ですか?

それは何かと言うと…

「馬肉」

です!!

馬刺しをいただく際は薬味に陽性の
「ニンニク」や「ショウガ」を添えますね。

これは体内で陰陽のバランスを
とろうとする昔の人の知恵だと
言われています。

馬肉は牛肉、豚肉、鶏肉より、
低カロリー、低脂肪、低コレステロール
高タンパク質で栄養価も非常に高く
滋養強壮に持ってこいなのですが…

「カラダを冷やす」という残念な
特性があるので冷え性・温活中の人は
気をつけたいところです。

まとめ

いかがでしたか。

今回はカラダを温めるお肉と
カラダを冷やすお肉をご紹介しましたが

個人的には

「大切なのはバランス♪」

だと感じています。

お肉ばかりいただいたり
野菜ばかりいただいたり

ではなく
どちらもバランスよくいただく。

それに陰性のものをいただくなら
多めに陽性のものをいただく。

季節の野菜、特に夏はトマトやキュウリなど
陰性の食べものが旬で美味しいですよね♪

その場合は、陽性のお肉や野菜を
組み合わせた料理を一緒に作り
バランスをとっています(^-^)

命に心から感謝しながら
どんなお肉や野菜もありがたく
いただけることが良いのかなと
感じています♪

最後までお読みくださり
ありがとうございました(^-^)

スポンサードリンク