【味の母 みりん】「コク」と「テリ」がすごい「みりん」見つけました♪

スポンサードリンク

リコ
こんにちは(^-^)温活アドバイザーのリコです♡

「体に優しいオススメ調味料」紹介シリーズ!!4日目の今日は…「みりん」の紹介です♪

【調味料名】

私が長年ヘビーリピートしているのは

『味の母 みりん』です♪

【私がこの「みりん」を選んだ理由】

リコ
この「みりん」を選んだ理由は、「安全性の高さ」はもちろんのこと、なんといっても「旨み」です。

その他にも以下たくさん。

・味の浸みこみ具合がハンパない!!
・テリ具合がすごい!!
・煮くずれない
・少量でじっくり深みのある味がつく
・食材の味がそのまま残る
・魚料理はしっかり臭みがとれる
・お砂糖入れなくても味がしっかりつく
・お酒入れなくてもよいくらい味がしっかりつく

使われている”お米”と”こうじ”はすべて国産で、手間ひまかけた工程でじっくり造られています。安全なものしか使われていないので安心ですね。

お味のほうはというと、とっても「濃い」です。
「とろみ」がありますよ。
香りもとても芳醇です(^-^)

料理本などに書かれている分量を
そのまま使うと濃くなりすぎてしまうので
私は少なめにしています。

こちらのみりんを使う時は、お醤油、お酒、お塩は
少なめでOKです。
(お酒はいらないくらい)
1本で何役も兼ねる本当に優れものです☆

味の母みりん 近めで撮影画像
とろ~っとしています。

とろ~っとしています。

【製造元】

製造元は埼玉県狭山市にある
「味の一醸造株式会社」さんの商品です。

「みりん」一筋約100年の歴史がある専門老舗店です。
「味の母」が看板商品です。

“「味の母」は子どもに伝える母の味”

がキャッチフレーズと知ったときは
何だか癒されました(*´▽`*)

【内容量】

720ml
(ガラスの瓶入りです)

1800ml、300ml入りもあります。

【原材料】

米(国産)
米こうじ(国産)
食塩(国産)

【保存方法】

直射日光を避けて常温で保管。

【オススメ調理法】

リコ
特に良くあう料理は「焼き物」や「煮物」です。

「鶏の照り焼き」「豚肉のしょうが焼き」「ブリの照り焼き」などの”照り具合”が素晴らしいです。お味も本当に深みと旨みがでて、それでいてマイルドな味に仕上がりますよ。

「ナス」や「シシトウ」などの揚げ煮に少し加えてもいいですね。お味がしっかりします。

意外と合うのが「卵焼き」。少し加えると甘味がでます。

「豚の角煮」にこの「味の母」を使うと、プロ級の味に仕上がってくれます。良い感じに勘違いできます(笑)

「そばつゆ」にもいいですよ!!あとは甘味がしっかりしているので、「すき焼き」にも欠かせないですね。

この他にも、もう本当に色々な料理に合います。

私はすっかり手放せなくなりまして、もう「味の母」がいない生活なんて考えられません(笑)

色々なお料理に『味の母 みりん』よろしければ、お試しくださいね(^-^)

スポンサードリンク